学会事務局もしくは大会事務局からの事務的な連絡

日本ハイパーサーミア学会発行のパンフレットの改訂版について
 
 
学会員各位
 
大変遅くなりましたが、学会が発行しているパンフレット「ハイパーサーミア」の改訂版が出来上がりました。
日本ハイパーサーミア学会のHPからダウンロードしていただくこともできますが、ご購入を希望される場合は、事務局までお申し込みください。
 
パンフレットの価格は、以下のとおりです。
 
 
◆HPからPDFをダウンロード:無料
 
 
◆パンフレットの購入を希望される場合:
 1部50円で販売
 1000部以上一括購入の場合は一部38円で販売
 
なお、送料は着払いとし、入金が確認出来次第、送付いたします。
 
 
 
日本ハイパーサーミア学会事務局
 

日本ハイパーサーミア学会第36回大会 一般演題募集のご案内

 

日本ハイパーサーミア学会第36回大会(9/5~9/7, ウェスタ川越(埼玉県川越市))の一般演題募集を

315日(金)から開始いたします。大会ホームページにアクセスし、

演題登録システム(オンライン)からお申込み下さい(http://web.apollon.nta.co.jp/jstm36/)。

 

  • 一般演題申込 (3/15(金)~5/15(水))

口演またはポスター発表

演題名の文字数制限:和文60文字以内、英文20ワード以内

抄録本文の文字数制限:600文字

 

一般演題は従来からのカテゴリーに加え医用物理工学では「QA(品質保証)」、臨床では

メディカルスタッフの方々も演題をお申込みしやすいように、「チーム医療」「施設紹介」

「社会問題・医療保険」のカテゴリーを設けております。

多くの演題応募をお待ちしております。

よろしくお願い申し上げます。

 

第36回日本ハイパーサーミア学会大会長

埼玉医科大学総合医療センター放射線腫瘍科

髙橋健夫

 

***************************

【一般演題カテゴリー】

基礎

分子生物学 、温熱耐性・温熱感受性 、温熱生理 、薬剤併用、

マイルドハイパーサーミア 、温熱免疫 、その他

医用物理工学

加温装置・加温方法 、温度測定 、治療システム 、

QA(品質保証)、その他

臨床

局所加温(頭頸部) 、局所加温(胸部) 、局所加温(腹部) 、局所加温(軟部組織)、

局所加温(その他) 、体腔内ハイパーサーミア、HIPEC 、全身加温

加温評価 、組織内加温 、Tumor Ablation、マイルドハイパーサーミア 、温熱免疫療法

チーム医療(実地・看護) 、施設紹介、社会問題・医療保険 、その他

各賞の募集について

 

2019年度日本ハイパーサーミア学会の学会賞、研究奨励賞、および名誉会員を募集いたします。

各賞の募集要項は、Thermal Medicine Vol. 35, No. 1に掲載されています。

応募を希望する方は、募集要項をよく読み、所定の申請書に必要事項を記入して申請してください。

 

  締め切り:2019年4月30日(火曜日、祝日)

 

 申請書の送付先:

 日本ハイパーサーミア学会学術委員会委員長:大塚健三

応募者または推薦者のメールにて、学術委員長あて(このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

にお送りください。尚、押印などは不要です。

 

大塚健三学術委員会委員長

 

日本ハイパーサーミア学会 学会員各位

 

拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

さて、平成30年8月30日(木)~9月1日(土)に開催されます 日本ハイパーサーミア学会第35回大会の一般演題募集期間を 下記の通り延長致しましたことをご案内申し上げます。

皆様のお申込みをお待ちしております。 敬具

募集締切日:平成30年5月31日(木)正午まで

大会ホームページにアクセスし、UMINオンライン演題登録システムによる申込みに限ります。

詳細はホームページをご高覧下さいますようお願い申し上げます。

【第35回大会ホームページ:http://web.apollon.nta.co.jp/jstm35/

 

日本ハイパーサーミア学会第35回大会大会長 片山 寛次

福井大学医学部附属病院 がん診療推進センター 教授

2018年度研究奨励賞応募締め切り延長のお知らせ

 

学会員各位殿:

日本ハイパーサーミア学会の2018年度研究奨励賞応募について、締め切り(4月30日)を過ぎましたが、応募がありませんでした。

そこで締め切りを5月20日(日)(必着)まで延長しますので、ふるって応募していただきますようにお願い申し上げます。

尚、研究奨励賞規程によれば 本賞を受ける資格は次の項目に該当する者とする。

3年以上本会の正会員であること。

申請年度の4月1日で満45歳未満であること。 とあります。

 

日本ハイパーサーミア学会

学術委員会委員長

大塚 健三

一般社団法人 日本ハイパーサーミア学会会員各位殿

 

International Journal of Hyperthermic oncology のFree access to IJH Volume 2, 2018の連絡が、publisherから入りました。

 

感染症に対する治療としてのHyperthermia の特集のようです。

特に、こちらに関連する研究をされておられる会員の皆様、あるいはご興味のある方は、有効にご利用ください。

期間限定で5月末日までFreeのようです。

 

Website: https://www.tandfonline.com/toc/ihyt20/34/2?nav=tocList

 

日本ハイパーサーミア学会

理事長 古倉 聡

一般社団法人 日本ハイパーサーミア学会会員各位殿

 

日本ハイパーサーミア学会誌 34(1) の5ページ目に 「The 7th Asian Congress of Hyperthermic Oncology (ACHO)のご案内」 を記載させていただきましたが、Pre-Registration Fee および On-site Registration Fee に誤りがありましたので、お詫び申し上げます。

正しくは、以下の通りです。

正確な情報は、www.ksotm.com. でもご確認いただけます。

また、引き続き多数の学会員の皆様のご参加、ご発表の程、何卒、宜しくお願い申し上げます。

 

日本ハイパーサーミア学会

理事長 古倉 聡

 

各種認定関係の申請について

2018年度の各種認定関係の新規および更新申請について締め切りが迫っております。

申請書の提出期間は2018年5月1日~2018年7月1日となりますのでご注意ください.

 

2018年度の更新対象は2013年度に申請または更新された方が対象となります.

なお、申請の有効単位取得期間は2013年7月1日~2018年6月30日までとしてください.

 

認定規程詳細につきましては学会ホームページ (https://www.jsho.jp/) をご参照下さい

申請書類は(学会HP→学会について→認定制度規程(http://www.jsho.jp/index.php?option=com_content&view=category&layout=blog&id=5&Itemid=5 )より入手できます.

申請希望者は,添付に必要なコピー類は字が読める程度に縮小し,申請書類の後ろ(次のページ)に貼り付けてください.

全体をPDFとし,メールの添付資料として学会事務局に送ってください.

なお,認定書の受け取りは申請希望者の着払いとします.
 

一般社団法人 日本ハイパーサーミア学会会員各位殿

 

The 7th Asian Congress of Hyperthermic Oncology (ACHO), Seoul, KOREAの案内です。

ご参加、ご発表の程、何卒、宜しくお願い申し上げます。

期日:5月23日(水曜日)から25日(金曜日)

会場:College of Medicine, The Catholic University of Korea

 

シンポジウムの講演例は以下です。

Temperature dependent mechanism of hyperthermia

Chang Song (University of Minnesota, Republic of Korea)

In situ vaccination for tumor immunotherapy: an old approach relevant for today

Steven N. Fiering (Geisel School of Medicine at Dartmouth, USA)

The evolving role of hyperthermia in leading edge oncologic care

Mark Hurwitz (Thomas Jefferson University, USA)

Recent achievement and future aspects of regional hyperthermia in oncology

Rolf Issels (Muchen University, Germany)

 

Important Date

Abstract submission: April 27(Fri), 2018

Pre-registration: April 27(Fri), 2018

The official website: www.ksotm.com

E-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

Phone: +82-2-2258-6849

 

日本ハイパーサーミア学会

会員各位

 

近年、厚生労働省も医療行為集計の迅速化のためコード化を推進しています。

日本放射線腫瘍学会(JASTRO)データベース委員会 放射線治療診療手技コードWGでは、2014年より放射線治療分野に特化したコーディングシステムの構築作業を行っております。

放射線治療診療手技コードは、現在日本で行われている放射線治療の実態を把握し、診療報酬改定のため放射線治療試案の作成等に利用することを目的としています。

ハイパーサーミア(電磁波温熱療法)についても、本学会健保検討委員会を中心に将来計画委員会のサポートの元、作成にともにあたり、また、放射性同位元素内用療法についても日本核医学会の承認のもと、共通した理念で作業を進めています。

つきましては、本件につき、下記のとおりパブリックコメントの募集をいたしますので、ご意見をお寄せいただきますようよろしくお願い申し上げます。

平成30年2月28日

日本ハイパーサーミア学会 健保検討委員会

委員長 藤内 祝

 

◆連絡先 このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 (放射線治療診療手技コードWG)

◆意見募集対象 放射線治療診療手技コードのコード体系について (添付PDFファイル)

◆意見募集要領

1. 募集期間 平成30年3月9日(金)17時必着

2. 提出方法 電子メールのみで受付いたします。 メールアドレス: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 (放射線治療診療手技コードWG)

3. 意見記入要領 (記入項目)

メール件名: 放射線治療診療手技コードのコード体系への意見

メール本文 (1) ご氏名/ご所属 (2) ご連絡先(メールアドレス等) (3) ご意見

※個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレス等)につきましては、頂いたご意見の趣旨が不明確な場合等に問い合わせをさせていただく可能性があるためご記入いただくものです。

4. 公開について

お寄せいただいた御意見は、個人名、連絡先を除き全て公開される可能性がありますので、ご承知おき下さい。

ただし、ご意見中に個人に関する情報であって特定の個人を識別しうる記述がある場合は、公表の際に当該箇所を伏せさせていただきます。

5.説明資料について

添付パワーポイントファイルが説明となっております。

また健保検討委員会および将来計画委員会では、次号のThermal Medicineで理念・パブリックコメント版の作成経過の説明報告をさせていただく予定です。
 

ご注意

このWebでは一般社団法人日本ハイパーサーミア学会についての一般的な情報を提供しています。
症例や治療に関する個人的な電子メールならびに電話でのお問い合わせには、誠に恐縮ですが、一切お答えすることは出来ませんのであしからずご了承下さい。