第1条

この細則は一般社団法人日本ハイパーサーミア学会定款に基づき理事長選出の手続きを定めるものである。

第3条

代議員は12名以上、16名以下の理事を選出する。

第4条

理事会は一般社団法人日本ハイパーサーミア学会定款第26条の規定に基づき、理事長1名を選出する。

第2条

代議員は代議員の中から15名以内の理事候補者を推薦(自薦可)することができる。代議員は上位30名から郵便選挙で理事候補10名を投票する。理事被選挙権は選挙年の3月末日までに前年度の会費を納入した5年以上会員である。満70歳未満、1期以上代議員をしたことのある者に限る。

第5条

理事長の選出は単記無記名投票によって行い、過半数を得た者とする。過半数を得た者がない場合は上位2名から再投票を行い、過半数を得た者とする。同数の場合は若年者とする。

第6条

副理事長3名は選出された理事長によって指名される。そのうちの1名が筆頭副理事長として理事長により指名される。

附則

1. 本細則は平成26年9月4日より実施される。
2. 本細則の一部を平成28年9月1日改正し適用する。

第1条

この細則は一般社団法人日本ハイパーサーミア学会定款に基づき代議員選出の手続きを定めるものである。

第2条

代議員の選出は代議員選挙管理委員会が統括するが、選挙に関する業務は事務局が行う。

第3条

代議員数は50名以上60名以内とする。ただし、代議員候補者は選挙年の4月1日で、満70歳未満で、3月31日までに会費を納入した者で、ハイパーサーミア指導医、指導教育者、ハイパーサーミア認定医、認定教育者、ハイパーサーミア認定技師の資格を有する正会員または過去2年以内に1回以上の学術大会に参加した正会員とする。